ホーム > RoHS対応 > RoHS指令とは

RoHS指令とは

電気・電子機器への特定有害物質の使用を関する指令

RoHS(ローズ)指令とはEU(欧州連合)が2006年7月1日に施行した有害物質規制である。RoHS(ローズ)は、Restriction of the Use of CertainHazardous Substances in Electrical and Electronic Equipmentの略で,電気・電子機器への特定有害物質の使用を関する指令という意味。

地球環境・人間の健康を守る事などを目的とし、電気・電子機器で使われている化学物質の制限をしている。規制対象となっているのは,Pb(鉛),Cd(カドミウム),Cr6+(6価クロム),Hg(水銀),PBB(ポリブロモビフェニル),PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル)の 6物質である。

RoHS指令の特定有害物質
鉛(Pd) カドミウム(Cd) 六価クロム(Cr6+)
水銀(Hg) ポリ臭化ビフェニル(PBB) ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

上記の6種類の有害物質を含有した製品はEU内では販売できなくなった。その為機器メーカーはここ数年で部品レベルからRoHS対応する必要がある。さらに、これらのメーカーに対して、部品納入時に有害物質が含まれていないことを証明する定量的な分析データの提出を求めている。

RoHS指令の特定有害物質
項目閾値
カドミウム(Cd) 100ppm
鉛(Pb) 1000ppm
六価クロム(Cr6+)
水銀(Hg)
ポリ臭化ビフェニル(PBB)
ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

機器メーカーが対応に苦慮したのが、はんだのPbフリー化。候補となったPbフリーはんだがいずれも従来のSn-Pb共晶はんだに比べて,溶融温度が高いのである。その為、はんだ付けの加熱工程を見直したり,はんだ付けを補助する材料(フラックス)を改良したり,効果的に加熱できるようにプリント基板上の部品レイアウトを変更したりとさまざまな工夫をしてきたのです。

なお,RoHS指令が規定する有害物質を技術的に除外するのが難しい製品や部品については,現時点では規制対象外となっている。
現時点でRoHS指令が適用される機器は下記の物となります。

RoHS指令の特定有害物質
カテゴリー対象商品(抜粋)
1 大型家庭用電気製品 冷蔵庫・洗濯機・空調機器など
2 型家庭用電気製品 電気掃除機・編み機・時計など
3 IT及び遠隔通信機器 パソコン・データ処理装置関連・携帯電話など
4 民生用機器 テレビ・ラジオ・オーディオ機器など
5 照明装置 家庭用照明器具を除く蛍光灯照明器具など
6 電動工具 ドリル・のこぎり・ミシンなど
7 玩具 ビデオゲーム機・スロットマシンなど
8 自動販売機 清涼飲料水用自動販売機など

RoHS指令では、電球・家庭用照明器具も含みます。

PAGE TOP